3月レキシズルバーSP「新田義貞」

■開催日
3/27(水)
Open:20:00〜23:00
21:00〜プレゼンスタート

※1Fバーは通常通り、18:30〜23:30オープン

53577780_2408677445817598_5427425725277798400_n

木戸銭(ドリンク別)
2,000円
※レキシズルバーSPは予約不要です。直接会場にお越しください。

最終水曜は月一レキシズルバーSP。3月はレキシズルの歴史プレゼンター「りょーうん」と「YOSHIMITSU」の人気朴訥コンビが4度目のタッグを組みます。

さて、新田義貞という人物を知っていますか?

“名前くらいは知っているけどよくは知らない“という方が多いのではないでしょうか。彼が活躍したのは、1330年代のわずか数年間…。

同時代には、後醍醐天皇・足利尊氏・楠木正成・北畠親房など最近熱いといわれている南北朝期を代表するスーパースター達がいます。しかし、新田義貞はそんなスーパースターに負けないとんでもない業績を残した男なのです。

戦前は「英雄」「忠臣」と評価されました。しかし、戦後には一転、「凡将」「愚将」という全く逆の評価がされてしまいました。そして、その評価は今も続いています。

なぜなのだろうか…そして、一体、本当の新田義貞とは何者なのだろうか。
 
新田義貞を通して、日本初の武士政権・鎌倉幕府の崩壊と建武の新政、足利政権の樹立という激動の時代をりょーうん&YOSHIMITSUが紐解いていきます。

新元号発表の直前、平成最末期の夜…。

約700年前にあった時代の終わりと始まりの最前線で生き、戦い、翻弄され、散った一人の武士についてわかりやすくプレゼンします。

歴史初心者の方、初めての方歓迎します。

■presenter
12299267_860316924084058_5790251813336165208_n
りょーうん

レキシズル古参の常連。バーでの数寄語りで着々と経験を積み、中堅層としてレキシズルの土台を長く支えている人物。豊富な歴史知識を実直な人柄で表現するどちらかというと「お堅い」プレゼンスタイルだが、最近は「ポップ感」を意識した柔軟なプレゼンターに変貌中。

■presenter
fullsizeoutput_250
YOSHIMITSU

2017年レキシズルバー初来店。学習院大学史学科出身。生粋の歴史好きだが、ユーモアも含めた数寄語りで独特の語りを披露。難解なネタもわかりやすく料理する能力を持つ、レキシズル期待の新世代プレゼンター。りょーうんとのコンビで天下を狙う。

「レキシズルって何?」がわかる記事
http://bit.ly/2nYzXJz

■場所
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

会場イメージ

新選組 近藤と土方TERAKOYA

■開催日
3/16(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

52446245_580874589097033_117490849016709120_n

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円
※プレゼンの途中からのご参加も可能ですが、木戸銭の割引はございませんのでご了承ください。

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

1862年冬。武州江戸は市谷甲良屋敷。とある剣術道場で男たちはくすぶっていた…。

「どうやら、京へ上る将軍さま警護に幕府が浪人剣客を募集しているらしい」
「ふむ」
「どうだ、ひとつ乗ってみるか」
「あんたがその気なら構わない」
「よし、やるか!」
「やろう!」
「楽しみだな…京都」
「向こうじゃ何が待っているんだろうな、オレたちを」

そして時はくだり156年後。2018年冬。武州江戸は神田駿河台。レキシズルバーで男たちはくすぶっていた…。

52500191_421673735241381_7887039374120976384_n

「どうやら、今年水戸藩、ジョン万次郎、桂小五郎とやって来年もTERAKOYAやるらしい」
「ふむ」
「ひとつ乗ってみない?」
「あまり気ノリはしないが、やってみても構わない」
「よし、やるか!」
「やろう!」
「楽しみだな、TERAKOYA」
「上じゃ何が待ってるんだろな、オレたちを」

…というわけで、
かもめの2019年一発目のTERAKOYAは幕末キラーコンテンツ、歴史好きなら誰もが一度は通った「新選組」です!今回は“レキシズルの近藤土方”の異名を持つ新選組好き2人が、プレゼンターかもめを全面的にバックアップ!

激動の京都でその名を轟かせた局長近藤勇と、当時最強の人間集団を作り上げた副長土方歳三の2人をメインに「新選組」を、いま改めてレキシズル流に振り返ります。新選組大好き!の方も、歴史全然わからない!の方もこういうイベント参加初めて!の方も、全員大歓迎。呑みながら楽しみましょう。

■Teacher
fullsizeoutput_106
かもめ

城をこよなく愛する、物腰柔らかな人物。周到なプレゼン準備とハイレベルな構成で語る技術はレキシズルでも屈指。2015年れきしことば王者(同点)、2016年準優勝。現在に至り、歴史プレゼンターとして確固たる地位を築いた。

「レキシズルがわかる」の記事
http://bit.ly/2nYzXJz

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

2月レキシズルバーSP「戦闘民族ロシア人〜激突!100億パワーの戦士たち〜」

■開催日
2/27(水)
Open:20:00〜23:00
21:00〜プレゼンスタート

※1Fバーは通常通り、18:30〜23:30オープン

bac919eb

木戸銭(ドリンク別)
2,000円
※レキシズルバーSPは予約不要です。直接会場にお越しください。

最終水曜は月一レキシズルバーSP。2月は昨年末の「れきしことば2018」で準優勝した公望がソロ歴史プレゼン。

昨今ニュースなどで何かと話題になるロシアという国。日本とも関わりの深いお隣さんのことは知っておきたい!スラヴ人の国家であるロシアですが、スラヴ人とはそもそも何者なのかを『世界史初心者』の方のために完全解説!

スラヴ人国家であるロシア、ウクライナ、ベラルーシは何が違うのか?バルカン半島血の歴史、セルビア、ウスタシャ、チトー、この辺の単語でゾクゾクするあなたは充分病気!そんなマニアもシビれさせる内容を想定。

ロシアがわかれば世界がわかる。この1時間であなたの世界史アレルギーを克服させてみせます!過去最高の公望の歴史プレゼンから目が離せない…

歴史初心者の方、初めての方歓迎します。呑みながら楽しみましょう。

■presenter
200px-young_saionji_in_paris
公望(きんもち)

れきしことば2018準優勝。レキシズル平成元年世代のトップ歴史プレゼンター。西園寺公望が好きということでそのまま名付けられた。自信にあふれた語りと己をさりげなく誇示できるイケメン。歴史についても幅広く博識で、バーでの数寄語りでもスベり知らず。満を持して1時間のひとり歴史プレゼンに挑む。

「レキシズルって何?」がわかる記事
http://bit.ly/2nYzXJz

■場所 レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

会場イメージ

田沼意次TERAKOYA

■開催日
2/16(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

※2月は第3土曜の開催です。お間違いなく!

田沼意次タイトル

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

生誕300年を記念して、榎本チャンプ先生、あの男の真実を語る。

その名は田沼意次。

田沼の真実?今更語ることもないだろう、と思う人もいるかもしれない。田沼意次の名を出すと、ほぼ100%の人がこう言う。

『賄賂の人でしょ』

そう、日本の歴史上、その名は賄賂政治家、金権政治家として轟く。

田沼が活躍した江戸時代中期。磐石に見えた幕藩体制も100年を超えるとあちこちで綻びが生じる。時の為政者たちは幕府を立て直すため様々な政策を試みる。徳川吉宗の享保の改革、松平定信の寛政の改革、水野忠邦の天保の改革。しかし、そのいずれの改革も時代の波を押し返すことはできなかった。

この三代改革の狭間に田沼意次は登場する。

生誕300年

田沼の繰り出す政策が実を結ぼうとした時、歴史が牙をむく。江戸時代、最大のクーデターが実行に移される。田沼意次の運命は…?

今回のTERAKOYAは、田沼の改革、そして幕末、明治へと繋がる知られざるストーリーをお伝えします。

プレゼンターは、榎本チャンプ先生。過去には『小栗上野介』『河井継之助』『池田屋』『奥羽越列藩同盟』『五稜郭』などを熱くプレゼン。今回も笑いあり涙ありの曼荼羅模様で、田沼意次をポップにプレゼンします。

歴史に興味のある方、大歓迎。もちろん、歴史好きな方、大歓迎。『TERAKOYA』は、毎回、初めての方も大勢いらっしゃるイベントです。固苦しい講座ではありません。お酒や食事を楽しみながら、是非、ゆるりと見て聴いて下さい。プレゼンターも日本酒を飲みながらプレゼンさせていただきます。

■Teacher
17757207_1300163396726301_4784451638760003936_n
榎本 孝一(チャンプ)

2012年9月「End of 幕末TERAKOYA」で、レキシズルのユーザーから初の先生デビュー。その後、数々の名歴史プレゼンを披露、研鑽を積む。そして、レキシズルで最も過酷なプレゼンイベント「れきしことばパフォーマンス2014」で優勝した実績を持つ、天才歴史プレゼンター。ネタを仕込みながら笑いを誘い、BGMを駆使したプレゼンが特徴。女性客が多いとプレゼン能力が上がる。

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2sriXT5

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

1月レキシズルバーSP「れきしことばの余韻」

■開催日
1/30(水)
Open:20:00〜23:00
21:00〜プレゼンスタート

※1Fバーは通常通り、18:30〜23:30オープン

れきしことばの余韻

木戸銭(ドリンク別)
2,000円
※レキシズルバーSPは予約不要です。直接会場にお越しください。

最終水曜は月一レキシズルバーSP。昨年末の「れきしことば2018」の1回戦で惜しくも敗れた4人が、決勝でやる予定だった歴史プレゼンを披露します。

テーマはー
・「探査衛星 さきがけ・すいせい」
・「アントニ・ガウディ」
・「ベアテ・シロタ・ゴードン」
・「ローマ帝国 温泉物語」

これまたバラエティーに富んでるのと、最近のレキシズルのプレゼンターは世界史がトレンドなのかもしれません。呑みながら楽しく聴いてみましょう。

歴史初心者の方、初めての方歓迎します。

■presenter
10420405_737037846375182_5897583847077678447_n
きちどん

れきしことば2012、2013王者、2014準優勝。レキシズル塾頭、TERAKOYA先生。2018は初の決勝進出ならず。得意の泣かせのプレゼンが垣間見れるか。

1604707_271576626329553_799535520_n
あいづ

2018に初出場。西洋史から日本史まで幅広い知識と歴史に対する愛をクールに秘める男。ラップも得意とし、歴史プレゼンの武器として研ぎ澄まし中。

46493511_2035013716566280_4059764986971422720_n
宇内

2018に初出場。イケメン歴史プレゼンター。明治大学史学科出身。やさしい人柄だが、歴史への熱量はかなり高く、歴史プレゼンでは誰にも負けたくない野望を秘めている。

22851528_1867976846849948_288752853_o
YOSHIMITSU

2018に初出場。学習院大学史学科出身。生粋の歴史好きだが、ユーモアも含めた数寄語りで独特の語りを披露。難解なネタもわかりやすく料理する能力を持つ、レキシズルの新世代プレゼンター。

「レキシズルって何?」がわかる記事
http://bit.ly/2nYzXJz

■場所 レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

会場イメージ

会津人TERAKOYA

■開催日
1/19(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

※1月は第3土曜日の開催です。お間違いなく!

1024px-HirosawaYasutō

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

會津松平家14代とレキシズル首脳が語る。

戊辰150年が終わり、新しい時代の幕開けを感じます。レキシズル2019年1発目のTERAKOYAは、「明治〜いま〜これから」の会津を松平の殿様をゲストに考えたいと思います。

メインのトピックは幕末、会津藩が敗れた後、明治になり活躍した会津人にフォーカスします。

・広沢安任(やすとう)
・柴五郎
・松江豊寿(とよひさ)

広沢をメインに3人の会津人を掘り下げながら、そのエッセンスを抽出し、その不屈の心とはどんなものだったのかをプレゼンします。そして未来志向でこれからの会津についても考えていきます。会津人初心者の方、初めての方歓迎します。

TERAKOYAとは?
http://bit.ly/2sriXT5

■場所:レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

会場イメージ

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。当日もオリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

■Teacher

松平 保久(まつだいら もりひさ)
第14代會津松平家当主。松平容保直系の玄孫。

■Teacher
14731180_1145702625516311_8607182856146325477_n
渡部 麗(わたなべ りょう)
レキシズル首脳 歴史クリエイター

東京・御茶ノ水で歴史コミュニケーションメディア「レキシズル」を主宰。経営しているショットバーの水曜日を「レキシズルバー」として開放。歴史好きの交流を活性しながら、畳敷きのイベントスペース「レキシズルスペース」で歴史をポップにわかりやすくプレゼンする「TERAKOYA」などを開催。

「レキシズルがわかる」の記事
http://bit.ly/2nYzXJz

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

レキシズル年末SP「れきしことばパフォーマンス2018」

超参加型リアルガチ歴史プレゼンイベント。

■開催日
12/15(土)

Open:17:00〜23:00
18:00〜プレゼンスタート

【注1】いつもより1時間早い進行です。お間違いなく!

※17:00〜18:00まで「お客さんのれきしことば投票タイム」
【注2】プレゼンが始まったら投票は受け付けられないシステムです。何卒、17:00にお越しください。

れきしことば2018

■木戸銭(ワンドリンク、投票権付き)
3,000円(予約不要・当日3F受付でお支払い下さい)
大学生・専門学校生は2,000円(学生証を提示下さい)
※当日、定員になり次第締め切りとなります
※1FバーはCloseします、ご注意ください。
3FスペースのみのOpenです。

今年で7回目、2012年末から開催しているレキシズルの中で最もガチなイベント。年末恒例のイベントで、みなさんと楽しくジャッジします。

さて「れきしことばパフォーマンス」とはー
レキシズルが厳選した6人の歴史プレゼンターが各10分間、自作のれきしことば(自由律)を駆使し、プレゼンを行います。

1回戦は「人物」をテーマに、よかったプレゼンター2人をご来場者に選んでもらい、上位2名が決勝戦を行います。決勝のテーマは「フリー」です。加えて「れきしことば票」も実施。

【れきしことばラインナップ】
注:下記の歴史プレゼンターのプロフィール順とは連動していません。当日まで誰の「れきしことば」なのかは分からないシステムになっています。
れきしことばラインナップ2018

1回戦は「れきしことば票」+「プレゼン票」の合算で決勝進出者が決まります。決勝は「プレゼン票」のみで結果を出します。

プレゼンターにとってはシビアなシステム、皆さんにとっては楽しく投票して一番を決めるイベントです。

初めていらっしゃる方も楽しめる、参加型投票イベント。みんなで2018年の歴史納めをしましょう。

■6人の歴史プレゼンターを紹介
(好きな人物がプレゼンのお題になるかはわかりません)

1,くどはん
18622166_1698936040410185_324767694159803170_n

好きな時代:戦国
一番好きな人物:三好長慶
れきしことば2017王者。3回目の出場。レキシズル塾頭。バーでの数寄語りで研鑽を積み、レキシズル屈指の歴史プレゼンターに成長。現在はTERAKOYAの先生も務める。連覇に向けてどんな戦い方をするのか注目。

2,きちどん
10420405_737037846375182_5897583847077678447_n

好きな時代:明治
一番好きな人物:秋山好古
れきしことば2012、2013王者、2014準優勝。5年ぶり4回目の出場。レキシズル塾頭。「れきしことばのヒクソングレイシー」レジェンドが久しぶりに降臨。勝ち方を知っている得意の感動を呼ぶプレゼンで頂点を狙う。

3,公望(きんもち)
200px-young_saionji_in_paris

好きな時代:昭和
一番好きな人物:西園寺公望
2年ぶり2回目の出場。自信にあふれた語りと己をさりげなく誇示できるイケメン。歴史についても幅広く博識で、バーでの数寄語りでもスベり知らず。過去の敗北の悔しさを胸に初優勝を目指す。

4,あいづ
1604707_271576626329553_799535520_n

好きな時代:昭和
一番好きな人物:フリードリヒ2世(神聖ローマ)
初出場。西洋史から日本史まで幅広い知識と歴史に対する愛をクールに秘める男。ラップも得意とし、歴史プレゼンの武器として研ぎ澄まし中。並々ならぬ情熱で決勝に進めるか。

5,宇内
46493511_2035013716566280_4059764986971422720_n

好きな時代:鎌倉
一番好きな人物:吉田松陰
初出場。イケメン歴史プレゼンター。明治大学史学科出身。やさしい人柄だが、歴史への熱量はかなり高く、歴史プレゼンでは誰にも負けたくない野望を秘めている。今回注目のダークホース。

6,YOSHIMITSU
22851528_1867976846849948_288752853_o

好きな時代:江戸
一番好きな人物:足利義満
初出場。学習院大学史学科出身。生粋の歴史好きだが、ユーモアも含めた数寄語りで独特の語りを披露。難解なネタもわかりやすく料理する能力を持つ、レキシズルの新世代プレゼンター。乾坤一擲、番狂わせを狙う。

【司会】
渡部首脳
14731180_1145702625516311_8607182856146325477_n

好きな時代:幕末
一番好きな人物:吉田松陰
2014年準優勝。過去2回、1回戦でコロッと負けているのでこのイベントの恐ろしさは肌身でわかっている。スピードに乗った回しでプレゼンターを煽る。

「レキシズルって何?」がわかる記事
http://bit.ly/2nYzXJz

■場所 レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

会場イメージ

※レキシズルスペースは、畳敷きです。
日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。
オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。
ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、
ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

11月レキシズルバーSP「公望とあいづと宇内」

■開催日
11/28(水)
Open:20:00〜23:00
21:00〜プレゼンスタート

※1Fバーは通常通り、18:30〜23:30オープン

1128

木戸銭(ドリンク別)
2,000円
※レキシズルバーSPは予約不要です。直接会場にお越しください。

最終水曜は月一レキシズルバーSP。11月はレキシズル期待のホーププレゼンター3人がそれぞれ10分、20分、30分と違う尺で世界史をプレゼンします。

①あいづ(←プレゼンターのあだ名です)
「ネルソン」20分
②公望(←プレゼンターのあだ名です)
「三十年戦争〜独仏の歴史完全解説〜」30分
③宇内(←本名です)
「スパルタのレオニダス1世」10分

彼ら3人はすべて平成元年生まれ、そして年末(12/15土)レキシズルの祭典「れきしことばパフォーマンス2018」に出場します。その前哨戦とも云えるイベントです。世界史の結構深いトピックを三者三様で語るので、知識まっさらで体験しましょう。もし難しくてわかりづらかったら彼らの歴史プレゼンが下手だということです笑

歴史初心者の方、初めての方歓迎します。呑みながら楽しみましょう。

■presenter
1604707_271576626329553_799535520_n
あいづ

2017年レキシズルバー来店。出身地が会津若松なので首脳に「あいづ」と名付けられた。西洋史から日本史まで幅広い知識と歴史に対する愛をクールに秘める男。ラップも得意とし、歴史プレゼンの武器として研ぎ澄まし中。

■presenter
200px-young_saionji_in_paris
公望(きんもち)

西園寺公望が好きということでそのまま名付けられた。自信にあふれた語りと己をさりげなく誇示できるイケメン。歴史についても幅広く博識で、バーでの数寄語りでもスベり知らず。満を持して今回のSPに臨む。

■presenter
13239950_950794621702009_7122830633965641609_n
宇内

これまたイケメン。明治大学史学科出身。やさしい人柄だが、歴史への熱量はかなり高く、歴史プレゼンでは誰にも負けたくない野望を秘めている。れきしことばで勝利するためにも、この機会をいいステップにしたいところ。

「レキシズルがわかる」の記事
http://bit.ly/2nYzXJz

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

桂小五郎TERAKOYA

■開催日
11/17(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

44800683_542763389502789_3450305872083812352_n

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円
※プレゼンの途中からのご参加も可能ですが、木戸銭の割引はございませんのでご了承ください。

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

日本中が沸騰した「幕末」。中でも藩そのものが狂騒ともいえる体をなした長州藩。その渦中でひとり、醒めた眼で時代を見据えた男がいました。男の名は、桂小五郎。“維新の三傑”と呼ばれ、薩摩の西郷大久保と並び称されるも、世間の小五郎イメージは、「なんかよく逃げる人…」「橋の下で包まってるかんじ…」「あとから急に出てきたっぽい…」と、あまり芳しいものではありません。

彼は、藩の尊攘派や激派藩士たちにも信頼され、紛れもなく長州藩のリーダーでした。しかし小五郎は、常に長州の過激派志士らと一線を画し、外国公館の焼討ちや佐幕派要人の暗殺にも手を染めることなく、いつも先を見通していました。そして過激派志士らの軽挙妄動のすえ、ついに瀕死となってしまった長州藩を復活させることに成功します。

「我未だ何が是、何が非であるかを知らず」黒船来航時、そう日記に綴った若き小五郎がその後どのような道を歩んだのか?そしてなぜ瀕死の長州藩を救い、維新の立役者としての道を歩むことができたのか?幕末。愛と死を見つめ静かな炎を燃やし続けた、不思議な男の人生を語ります。

幕末初心者、初めての方歓迎します。呑みながら楽しめる歴史プレゼンです。

■Teacher
fullsizeoutput_106
かもめ

城をこよなく愛する、物腰柔らかな人物。周到なプレゼン準備とハイレベルな構成で語る技術はレキシズルでも屈指。2015年れきしことば王者(同点)、2016年準優勝。現在に至り、歴史プレゼンターとして確固たる地位を築いた。

「レキシズルがわかる」の記事
http://bit.ly/2nYzXJz

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

10月レキシズルバーSP「城とフォトグラフと私」

■開催日
10/31(水)
Open:20:00〜23:00
21:00〜プレゼンスタート

※1Fバーは通常通り、18:30〜23:30オープン

41913626_737201699955012_2950910143174279168_n

木戸銭(ドリンク別)
2,000円
※レキシズルバーSPは予約不要です。直接会場にお越しください。

最終水曜は月一レキシズルバーSP。TERAKOYAのかもめ先生が城郭写真家の畠中さんをゲストにクロストーク。息をのむ見事な城写真を紹介しながら、改めてその美しさや儚さをみんなで共有します。

城ブームの始まりから、城の楽しみ方までをポップに語る。城、歴史初心者の方、初めての方歓迎します。

■Guest speaker
fullsizeoutput_1e4
畠中和久
城郭写真家

15年以上、城の写真を撮り続け、歴史ブームのかけらもない頃から活動。深い静寂の中に張り詰める厳粛な空気、崩れた石垣ひとつひとつが何かを語りかけてくるような気配、戦国の世を精一杯生きた人間の生き様を写している。

■Teacher
fullsizeoutput_106
かもめ
レキシズルTERAKOYA先生

城をこよなく愛する、物腰柔らかな人物。周到なプレゼン準備とハイレベルな構成で語る技術はレキシズルでも屈指。2015年れきしことば王者(同点)、2016年準優勝。現在に至り、歴史プレゼンターとして確固たる地位を築いた。

「レキシズルがわかる」の記事
http://bit.ly/2nYzXJz

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ