Archive for TERAKOYAイベント

夏目漱石TERAKOYA

りょーうん先生、国民的作家の実像を掘り下げる。

■開催日
11/11(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

384551389_1075249153466195_6225590154498456776_n

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

明治の文豪・夏目漱石。
名前は知っている人が多いと思います。

「吾輩は猫である」「坊ちゃん」等、彼の作品を読んだ人もいるかもしれません。

ですが彼がどんな性格で何を思い、どんな生涯を送ったか…詳しく知っている人は少ないのでは?

そこで漱石の作品では無く、漱石個人に光を当てて語りたいと思います。彼が奥さんに送ったツンデレな手紙や周囲の人達との逸話を絡め、笑いとしんみりを織り交ぜてお届け致します。

歴史初心者の方、初めての方歓迎します。

■Teacher
FleRCaCaAAAyZMR
りょーうん

レキシズル古参の常連。バーでの数寄語り、レキシズルバーSPでコツコツと一歩ずつ経験を積み、レキシズルの土台を長く支えている人物。年末の祭典、れきしことば2019では3度目の出場で初の決勝に進み、TERAKOYAの榎本先生を破るジャイアントキリングを起こした。人柄あふれるやさしい語り口でファンも多い。講談風の佇まいを模索しながら、彼独自の歴史プレゼンを構築している。

TERAKOYA

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2LdoUuF

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

坂下門外の変TERAKOYA

榎本チャンプ先生、得意の幕末に回帰!

■開催日
10/21(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

注:10月は第三土曜開催なのでお間違いなく!

379404424_6677368212301991_738507725261211089_n

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

佐幕おじさんこと榎本チャンプ、水戸藩を語る?

狂乱怒濤の幕末に起きた大事件ーーー坂下門外の変について、今回はお話します。

ん?坂下門外の変って、どんな事件だっけ?桜田門外の変なら聞いたことはあるけど、坂下門外はよく知らないねぇ。そんな人も多いはず。そう、どちらも、幕府の要人が襲撃された大事件ですが、桜田門外のインパクトの大きさの前には、霞みがちな坂下門外の変。が、実はどうしてどうして、なかなかの出来事。幕末の大転換点と言っても過言ではありません。

この大事件には、あの藩の方たちが大いに関わります。幕末前半の主役を演じた御三家水戸藩。『尊王攘夷』を妨げる者は生かしておけない。売国奴のあの老中さえ討てば、幕府も攘夷を実行するはず。そう信じて、水戸の攘夷派は、命を賭けて義挙に挑みます。

文久2年1月15日、銃声が轟き、江戸幕府、本当の瓦解がこの時から始まりました。

プレゼンターは、佐幕おじさんの異名をとる榎本チャンプ先生。過去の作品には『五稜郭』『伝習隊』『奥羽越列藩同盟』など多数の佐幕シリーズあり。愛の言霊で、佐幕をポップにプレゼンします。

歴史に興味のある方、大歓迎。歴史が好きな方、大歓迎。初めての方、大歓迎。『TERAKOYA』は、固苦しい講座ではありません。お酒や食事を楽しみながら、是非、ゆるりと見て聴いて下さい。プレゼンターもワインを飲みながらプレゼンします。

■Teacher
17757207_1300163396726301_4784451638760003936_n
榎本コーイチ(チャンプ)

2012年9月「End of 幕末TERAKOYA」で、レキシズルのユーザーから初の先生デビュー。その後、数々の名歴史プレゼンを披露、研鑽を積む。そして、レキシズルで最も過酷なプレゼンイベント「れきしことばパフォーマンス2014」でも優勝した天才歴史プレゼンター。ネタを仕込みながら笑いを誘い、BGMを駆使したスピード感あふれるプレゼンが特徴。

TERAKOYA

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
https://www.talent-book.jp/rekisizzle/stories/625

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:https://goo.gl/maps/2X1bXWasJs49zmWPA

会場イメージ

チャーチルTERAKOYA

あおっきー先生、待望のTERAKOYAデビュー!!

■開催日
9/9(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

368434158_1359515384970392_5794467284270938801_n-1

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

ウィンストン・チャーチルって知ってます?顔は見たことあると思います。パグみたいですよね。

首相としてイギリスをナチス・ドイツの魔の手から守り、勝利に導いた人として教科書に出てきます。数年前に映画の主人公にもなりました。

ただ、この人90年くらい生きてるのに第二次世界大戦の5〜6年だけしか知らないのはもったいない!

意外な親戚、意外な趣味、そして暗部…

90分後にはあなたは人間「チャーチル」を大好きになるか大嫌いになるでしょう。構想5年の自信作、名前だけでも覚えて帰ってください。

歴史初心者の方、初めての方歓迎します。

■Teacher
317105612_839261363968732_9035352815987732783_n
あおっきー

れきしことば2020王者。明治大学史学科出身。バーでの数寄語り、3Fスペースでのプレゼン経験を積み、着々とその歴史プレゼン力を磨いてきた。今回、レキシズル最高峰のTERAKOYA先生デビュー。笑いを絡めた独特なプレゼンスタイルで頂点を極める。

TERAKOYA

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2LdoUuF

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:https://goo.gl/maps/2X1bXWasJs49zmWPA

会場イメージ

後藤新平TERAKOYA

くどはん先生、「東京をデザインした男」のストーリー。

■開催日
8/19(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

361273467_1540923200037587_3427945464386145697_n

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

大正時代の帝都・東京。日本の中心となっていた都市は、急速に進む近代化の陰で深刻な問題を抱えていました。

壊れやすい木造建築が密集し、道路は狭く混雑、路面は未舗装で晴れの日は土煙が舞い上がり、雨の日は泥だらけになる…華やかに彩られた街はごく一部で、東京の大部分は時代に取り残されていました。この問題を抱えたまま、東京は運命の日を迎えます。

今から100年前の1923年9月1日午前11時58分、関東大震災が発生。木造建築が密集する東京は地震後に発生した火災で焼き尽くされ、狭い道路は逃げ惑う人々で渋滞し、甚大な被害を受けることとなりました。

この混乱と絶望の中、東京のために立ち上がった男がいます。

後藤新平です。後藤は震災後、内務大臣に就任し、帝都・東京の復興を担うことになりました。

「理想的帝都建設のため絶好の機会だ。この好機を逸するならば国家永遠の悔いを残す」

後藤は東京の都市問題を一挙に解決するチャンスと考え、復興に並々ならぬ熱意を示しました。指導力・構想力・想像力を発揮して陣頭指揮を執り、わずか3ヶ月で「大風呂敷」と呼ばれるほどの膨大な復興計画をまとめ上げます。この復興計画は新しい東京の設計図であり、後藤の人生の集大成ともいうべき大仕事でした。

後藤はなぜ、帝都復興に情熱を燃やすことになったのか。東京をデザインした男の生涯に迫ります。

歴史初心者の方、初めての方歓迎します。

■Teacher
18622166_1698936040410185_324767694159803170_n
工藤達宏(くどはん)

バーでの数寄語りで研鑽を積み、レキシズル屈指のプレゼンターに成長。レキシズルバーSPで修羅場をくぐり、計5回の語りを経て、TERAKOYA先生に昇りつめた。レキシズルで最も過酷なイベントである年末の祭典、れきしことばパフォーマンス2017、2018を連覇。豊富な歴史知識を独自の解釈でわかりやすくアウトプットする能力はレキシズルで随一。いかしたルックスと、落ち着いた語り口が特徴。たまにキャラを豹変させ、表情を変えずにいきなりなギャグもカマす。

TERAKOYA

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2LdoUuF

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:https://goo.gl/maps/2X1bXWasJs49zmWPA

会場イメージ

90分でわかる北朝鮮の歴史TERAKOYA

公望先生、北朝鮮に挑む!

■開催日
7/8(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

プレゼンテーションkのコピー

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

レキシズルの皆さんに、少しでも世界史の楽しみ方を知ってほしいという思いから公望が始めたのが、この「90分でわかる世界の国の歴史」シリーズ!

これは、世界に存在する196ヶ国の国々の歴史を片っ端から、90分でポップにわかりやすくプレゼンしていくという壮大な企画。
果たして公望は死ぬまでに世界中の国々をプレゼンし終えることができるのか?

しかし聞き手側からしたらこんなお得な90分はないはず、なにせ90分お酒を飲みながら座っているだけで1冊の本もいらずに1つの国の歴史がまるまるわかってしまうのだから。公望の思うこんなプレゼンがあったら嬉しいなを具現化しました。

過去、ロシア、アメリカ、フランス、中国、ドイツとやってきたこのシリーズ、いつか世界地図を本気で埋めてやろうと思っている公望が今回題材にするのが、ついに来ました例の国、「北朝鮮」!

まさかまさかのチョイスに驚かれた方も多いかと思います。

それもそのはず、ミサイル、金正恩、喜び組、マスゲーム、拉致、赤い(意味深)など大丈夫?ほんとに大丈夫?なイメージを持つ方がほとんどであろうこの国を、今回天地開闢から2023年までを完全解説!

世界史を1から勉強しようとすると、難しい本やらを何冊も読まなければいけないウンザリだというそこのあなた!

そういった本10冊以上の理解を当日あなたにお届けします。帰り道からつい誰かにドヤ顔で話したくなる、そんな内容、状態にさせてみせます!

当日は絶品北朝鮮料理をあいづ食堂が提供、公望の得意分野である映画の話も盛りだくさん、世界史を全く知らない人にこそ聞いてほしい、近くて遠い国「北朝鮮」とは何者なのか。アメイジング北朝鮮の世界へ、ようこそ!

歴史初心者の方、初めての方歓迎します。

■Teacher
FleRCaBaYAEVqbx
公望(きんもち)

レキシズル平成生まれ世代のトップ歴史プレゼンター。西園寺公望が好きということでそのまま名付けられた。自信にあふれた語りと己をさりげなく誇示できるイケメン。歴史についても時代、国問わず博識で、バーでの数寄語り、SPの60分プレゼンを難なくやり遂げステップアップを重ね、2019年、TERAKOYA先生となった。ワードセンスがキラリと光る天才型プレゼンター。

TERAKOYA

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2LdoUuF

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:https://goo.gl/maps/2X1bXWasJs49zmWPA

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

山岡鉄舟TERAKOYA

りょーうん先生、幕末の幕臣に挑む!

■開催日
6/10(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

342375915_770537858065246_4136525847341586986_n

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

山本常朝の『葉隠』に端を発する「武士道」。

この思想を世界に広めたのは新渡戸稲造の『Bushido:The Soul of Japan』ですが、体現者というと、私は幕末の山岡鉄舟を連想します。質実剛健、公平無私といった印象の強い彼は、幕末に至誠をもって薩摩の西郷隆盛を説き伏せ、江戸を戦火から救った立役者です。

ただ多くの偉人がそうであるように、鉄舟もまた最初から古武士の風格を持つ偉人だった訳では無さそうです。

同時代人の幕臣・勝海舟が「愚直」と称したように、鉄舟は生まれ持った才幹のみで名を成した訳ではなく、弛まぬ鍛錬の末に人格を形成していった努力の人でした。自らを誇ることなく、日記等も遺さなかった鉄舟の事績は多くの偽書に埋もれがちですが、幸いなことに晩年の彼に接したお弟子さんの回顧録が遺されています。

しかもこのお弟子さん、師匠の偉大さを伝えようとするあまり周囲から伝え聞いた若き日の鉄舟のしくじり等も数多く回顧録に記載。結果、この資料からは古武士の風格を持つ偉人ではなく、天然で不器用だけれど、ひたむきで一途なサムライの姿が見えてきます。

多くの幕末の志士が「日本の為」と大上段に構えて奔走するなか、酒に失敗し、色事に惑い、縁ある人々を救わんと走り続けた求道者・山岡鉄舟の生涯を笑いとしんみりを織り交ぜてお届けします。

歴史初心者の方、初めての方、歓迎します。

■Teacher
279348373_4966581596790883_2575838883466311478_n
りょーうん

レキシズル古参の常連。バーでの数寄語り、レキシズルバーSPでコツコツと一歩ずつ経験を積み、レキシズルの土台を長く支えている人物。年末の祭典、れきしことば2019では3度目の出場で初の決勝に進み、TERAKOYAの榎本先生を破るジャイアントキリングを起こした。人柄あふれるやさしい語り口でファンも多い。講談風の佇まいを模索しながら、彼独自の歴史プレゼンを構築している。

TERAKOYA

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2LdoUuF

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

山口多聞TERAKOYA

安東きちどん先生、泣きの昭和!

■開催日
5/13(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

340304973_534974298819937_8017767163732198675_n

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

昭和、太平洋戦争のお話。たくさんの方々が亡くなられました。難しい時代(エポック)です。その全てを知ることはできない。でも少しでも知ることが、日本を紡いでいくことだと思います。
 
5月のTERAKOYAは、昭和の海軍軍人『山口多聞』を追いかけてみます。
山口多聞?誰だろう?名前は知ってるけどよく知らないという方も多いと思います。
 
ざっくり言うと「人殺し多聞丸」そう呼ばれた司令官。すごい呼ばれ方ですよね(汗)
 
昭和16年12月8日、日本はアメリカと戦争を始めました。いわゆる真珠湾攻撃です。多聞さんも海軍司令官として真珠湾をはじめざまざまな戦場で戦います。そしてミッドウェー海戦と呼ばれる太平洋のど真ん中で行われた戦いで、日本はアメリカに大敗北を期し、そして海に沈んだ男。
 
普通のおじさんですが、火の玉のごとき闘志を持ち、最後まで部下を思いやり、家族を愛していました。
 
でも少し引っかかっていました。どうして山口多聞をやろうって決めたんだろう?って(笑)
その理由を探すため、多聞さんを追いかけてきた数ヶ月・・・今はその意味が少しだけ分かったような気がしています。
 
大切なことを紡ぐため、レキシズル流にキチエモン流に「ポップ泣き」にプレゼンします。
『TERAKOYA』は堅苦しい講座ではありません。歴史に詳しくなくても、ちょっと好きな方も、歴史大好きな方も大歓迎。レキシズルは女性も男性もポップに歴史を楽しまれる方がたくさんいらっしゃいます。お酒や食事を楽しみながら、是非、ゆるりと見て聴いてください。そして友達つくりにいらしてみてください。

初めての方もお待ちしてます。

■Teacher

安東 康(きちどん)
レキシズルバー古参の常連であり、レキシズルで最も過酷な年末イベント「れきしことばトーナメント2012、2013」を連覇。やさしい語り口と丁寧なプレゼンを得意とする。珠玉の泣かせプレゼンター。彼の語りのファンは多く、ラストでは涙するひともいる。

TERAKOYA

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
https://www.talent-book.jp/rekisizzle/stories/625

産経id小栗のコピー2

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:https://goo.gl/maps/2X1bXWasJs49zmWPA

会場イメージ

徳川家康TERAKOYA

榎本チャンプ先生の名作歴史プレゼン!

■開催日
4/8(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

336613227_238380215271547_7799960851229880269_n

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

2016年に超満員だった『徳川家康TERAKOYA』リターン。

さぁ、徳川家康です。今年の大河の主人公。書店では関連書籍が平積み。ゆかりの地では観光客が史跡巡り。おそらく、日本中が大いに盛り上がっております。時は戦国。家康は戦い続けました。主要な戦だけでも、桶狭間、姉川、三方ケ原、長篠、小牧・長久手、関ヶ原と枚挙に暇がありません。そして、豊臣氏を滅し、大平の世を作り上げた天下人。

4月のTERAKOYAは、日本人の胸を熱く揺さぶる戦国武将、徳川家康を熱く語ります。揺さぶられますよね?

プレゼンターは、1983年に放映された大河ドラマ『徳川家康』を観て、歴史好きになった榎本チャンプ先生。過去には『今川義元』『石田三成』『田沼意次』など多数の作品あり。夢とロマンスの曼荼羅模様で、7年ぶりに『徳川家康』を装い新たにポップにプレゼンします。

歴史に興味のある方、歴史が好きな方、大歓迎。『TERAKOYA』は、固苦しい講座ではありません。お酒や食事を楽しみながら、是非、ゆるりと見て聴いて下さい。プレゼンターもワインを飲みながらプレゼンします。

※関ヶ原の戦いやあの戦いの結末を話す可能性があります。大河を楽しみにしている方、ネタバレあるので、ご注意ください。

初めての方、歓迎します。

■Teacher
17757207_1300163396726301_4784451638760003936_n
榎本コーイチ(チャンプ)

2012年9月「End of 幕末TERAKOYA」で、レキシズルのユーザーから初の先生デビュー。その後、数々の名歴史プレゼンを披露、研鑽を積む。そして、レキシズルで最も過酷なプレゼンイベント「れきしことばパフォーマンス2014」でも優勝した天才歴史プレゼンター。ネタを仕込みながら笑いを誘い、BGMを駆使したスピード感あふれるプレゼンが特徴。

TERAKOYA

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
https://www.talent-book.jp/rekisizzle/stories/625

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:https://goo.gl/maps/2X1bXWasJs49zmWPA

会場イメージ

島原の乱TERAKOYA

かもめ先生、お得意のポップにダークネス歴史をアウトプット!

注:3月はWBC開催の為、第3土曜になります。

■開催日
3/18(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

323583446_2884410511692640_3004800865756507639_n

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

日本人なら誰でも知っている「島原の乱」。数年前からは「島原・天草一揆」とも呼ばれているようです(ジェネレーションギャップ)。またこの地域は、2018年に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産登録されたことも記憶に新しいところです。

しかし「島原の乱」を改めて見返すと、知っているようで実は知らないことだらけ。天草四郎ってなんなの?なんでキリシタンが迫害されるの?どうして島原の乱が起こったの?…。これらの問いには明解な答えがあるようでも、実際は複雑な利害が絡み合い、長い歴史の中でたくさんの因果が巻き起こったゆえの出来事でした。

今回のTERAKOYAは、キリスト教伝来以降、世界の思惑に否応なく巻き込まれていく日本で、当時の為政者たちは何を考え、どう行動していったのか?「島原の乱」を軸にグローバルな視点で展開します(笑)。世界史には全く弱すぎるプレゼンターの挑戦的な企画ではありますが、歴史に詳しい人もそうでない人もゆっくりお酒を飲みながら、せひお楽しみください!

初めての方、歓迎します。

■Teacher
fullsizeoutput_106
かもめ

城と将棋をこよなく愛する、物腰柔らかな人物。美しく練り上げられたスライドと隙のない構成で語る技術はレキシズルでも屈指。年末のプレゼンバトル「れきしことばパフォーマンス」でも、2015年王者(同点優勝)、2016年準優勝と結果を残している。そしてレキシズルで場数を積み重ね、歴史プレゼンターとして確固たる地位を築いた。90分というTERAKOYAのドラマの中で、かもめワールドを炸裂させている。

TERAKOYA

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
https://www.talent-book.jp/rekisizzle/stories/625

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:https://goo.gl/maps/2X1bXWasJs49zmWPA

会場イメージ

足利義稙TERAKOYA

くどはん先生の「知られざる戦国の室町将軍」

■開催日
2/11(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

324924009_496624399157515_4380445863099210271_n
木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

日本の歴史の中で「将軍」に任命された人物といえば、誰を思い浮かべるでしょうか。きっと、真っ先に思い浮かぶのは源頼朝や徳川家康など、歴史の授業やドラマなどでも取り上げられる錚々たる顔ぶれだと思います。

では、戦国時代に「将軍」となった人物といえば、名前や顔が思い浮かぶでしょうか。

戦国の将軍といえば、地味だし、何をしたのかよくわからない。頼りない。名だたる戦国武将たちの中に埋もれてパッとしない。…そんなイメージを抱くと思います。実際、近代の歴史家も「戦国時代の将軍は大名たちに実権を奪われ、日を追うごとに衰弱していった」と記しています。

今回のテーマはそんな戦国時代の将軍の一人、足利義稙(よしたね)。戦国時代の将軍たちの中でもとりわけ知名度が低い人物ですが、実は、鎌倉〜江戸時代の歴代の将軍の中でただ一人「2度」将軍に任命されています。その生涯は波乱に満ちたものでした。思いがけない形で将軍に就任するも、クーデターにより失脚。囚われの身となったり、毒殺されかけたりと何度も危険な目に遭います。まさに「どうする!?」という修羅場の連続。そんな数々の修羅場をくぐり抜け、動乱の世を駆け抜けていきました。

義稙はなぜ、2度も将軍に任命されたのか。そして、どのように生き、どのような結末を迎えたのか。その生き様を通して戦国の将軍の真の姿に迫ります。

歴史初心者の方、初めての方歓迎します。

■Teacher
18622166_1698936040410185_324767694159803170_n
工藤達宏(くどはん)

バーでの数寄語りで研鑽を積み、レキシズル屈指のプレゼンターに成長。レキシズルバーSPで修羅場をくぐり、計5回の語りを経て、TERAKOYA先生に昇りつめた。レキシズルで最も過酷なイベントである年末の祭典、れきしことばパフォーマンス2017、2018を連覇。豊富な歴史知識を独自の解釈でわかりやすくアウトプットする能力はレキシズルで随一。いかしたルックスと、落ち着いた語り口が特徴。たまにキャラを豹変させ、表情を変えずにいきなりなギャグもカマす。

TERAKOYA

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2LdoUuF

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:https://goo.gl/maps/2X1bXWasJs49zmWPA

会場イメージ