Archive for TERAKOYAイベント

佐久間象山TERAKOYA

■開催日
7/14(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

Sakuma_Shozan

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

安東先生、2018年最初で最後のTERAKOYA。

幕末随一の知力と卓抜した先見の明を持ち合わせた男『佐久間象山』に迫る。世界は帝国主義、植民地主義の時代。欧米列強の脅威に対抗するため「いかにして日本を救うか」を考え続けた男。
  
【傲岸不遜で超絶KY】
  
にも関わらず、多くの志士が、世界と日本の差を正確に理解していた象山の知恵と知識を求め、この男は誰に対しても、それを分け隔てなく提供した。象山の教えを受けた者は、
  
吉田松陰、坂本龍馬、勝海舟、山本覚馬、橋本左内、宮部鼎蔵、真木和泉、久坂玄瑞、高杉晋作、西郷隆盛、一橋慶喜・・・
  
と枚挙にいとまがない。しかし、禁門の変が起こる八日前、象山は道半ばにして暗殺される。象山が目指した日本とは?多くの志士たちに伝えた日本を救う術とは?

そこには3つのルールがあった。
  
初めての方も毎回大勢いらっしゃるレキシズルの「TERAKOYA」。笑いあり、時に涙ありで、ユルくポップなレキシズル流の歴史プレゼンをお楽しみに!

■Teacher

安東 康(きちどん)
レキシズルバー古参の常連であり、レキシズルで最も過酷なイベント「れきしことばトーナメント2012、2013」を連覇。やさしい語り口と丁寧なプレゼンを得意とする。珠玉の泣かせプレゼンター。
https://twitter.com/kichiemon38

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2sriXT5

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

ジョン万次郎TERAKOYA

■開催日
6/9(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

32592214_635871850087998_8295174882010857472_n

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円
※プレゼンの途中からのご参加も可能ですが、木戸銭の割引はございませんのでご了承ください。

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

舞台も南の島へと変わり、新たな展開を見せ始めた「西郷どん」。
6月のTERAKOYAは、西郷どんの序盤でほぼ1話きりに登場し、もうすっかり記憶の彼方へ忘れ去られてしまったかもしれないあの人。何をした人なのかは知らないけれど、誰もが名前だけは知っている、謎の男の登場です。

彼を称える言葉には、定番のキャッチコピーが付きます。
『あの坂本龍馬をはじめとする幕末の英雄たちに多大な影響を与えた』 云々。

「…。誰だよリョーマって!会ったことねーしw」

本人に聞いたら、そんな言葉が返ってくるかもしれません。彼は思いもかけずに漂流したのちアメリカへと渡り、そして日本へと帰ってきます。そして帰国後は、その人生のほとんどを教育者として過ごしました。さぞや不本意だったことでしょう…。

32821349_635871896754660_2215798294003580928_n

彼は異常な体験をした幕末の漂流者であり、波乱万丈な生涯を送ったことには間違いありません。しかし彼の人生そのものは「漂流」どころかすべての場面において、強い「意思」と「勇気」に彩られたものでした。

幕末史に燦然と名を残す元土佐の漁師「ジョン万次郎」。幕末の英雄たちの名を借りるまでもなく、間違いなく偉人であった彼の人生をポップに追いかけてみます。

■Teacher
fullsizeoutput_106
かもめ

城をこよなく愛する、物腰柔らかな人物。周到なプレゼン準備とハイレベルな構成で語る技術はレキシズルでも屈指。2015年れきしことば王者(同点)、2016年準優勝。歴史プレゼンターとして確固たる地位を築き、3度目の1時間半に挑む。

「レキシズルがわかる」の記事
http://bit.ly/2nYzXJz

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

橋本左内TERAKOYA

■開催日
5/12(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

1024px-橋本左内肖像画(島田墨仙作)_01

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

渡部首脳が幕末屈指の頭脳に挑む。

橋本左内。名前は知ってるけど、詳しくはわからない。安政の大獄で若くして死んだ男。

まずレキシズルはこの男と向き合って、とてつもないその才能に気づかされました。幕末、いや日本史の中でもかなり上位に食い込む逸材なのではないかと痛感させられています。

左内が若干14歳で書いた「啓発録」。たかが中2の小僧が著したとは思えない深い示唆があります。今回のTERAKOYAは首脳43歳が、14歳〜の左内に説教される図式になるのではと思います。

幕末がわかる基本フォーマットから掘り起こし、激動の時を左内はいかに生き、そして死んだのかをプレゼンします。幕末初心者、初めての方歓迎します。

TERAKOYAとは?
http://bit.ly/2sriXT5

■Teacher
fullsizeoutput_13e
渡部 麗(わたなべ りょう)
レキシズル首脳 歴史クリエイター

東京・御茶ノ水で歴史コミュニケーションメディア「レキシズル」を主宰。経営しているショットバーの水曜日を「レキシズルバー」として開放。歴史好きの交流を活性しながら、畳敷きのイベントスペース「レキシズルスペース」で歴史をポップにわかりやすくプレゼンする「TERAKOYA」などを開催。

「レキシズルがわかる」の記事
http://bit.ly/2nYzXJz

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

■場所:レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

会場イメージ

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。当日もオリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

大久保利通TERAKOYA

■開催日
4/14(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

29257630_1820162441620877_3389496604120580096_o

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

明治11年5月14日早朝、東京は紀尾井町の清水谷で、一人の政治家が暗殺されました。その名は、「大久保利通(おおくぼとしみち)」。薩摩(現在の鹿児島県)出身の政治家です。彼の役職は「内務卿(ないむきょう)」。現在の内閣総理大臣に相当するとも言われる、事実上の日本のリーダーでした。

暗殺を実行した犯人はすぐさま警察に自首し、大久保暗殺の理由を次のように述べました。

「議会を開かず、民をおさえつけている」
「国のカネをムダ遣いしている」
「志ある者をしりぞけて、内乱を引き起こしている」

これはひどい…まるで独裁者だ…!暗殺は当然の報いだ!

大久保利通は”独裁者”。そう語り継がれていきました。
故郷・鹿児島も例外ではなく、暗殺から1世紀近くを経てようやく銅像が建つという不人気ぶりでした。

…ところが。
大久保のそば近くでその仕事ぶりを見ていた人たちは、彼をこう評価します。

「大久保は辛抱強い人で、黙って他人の意見を聞いている。『よろしかろう』と言ったら最後、必ず断行する」
「大久保ほど国家の難局を処理した人はいなかった」

ん?独裁者なのに「他人の意見を聞いている」?「大久保ほど」の「人はいなかった」??
どういうことだ…??

大河ドラマ『西郷どん』では、瑛太演じる大久保がいよいよ幕末の渦中へ飛び込もうとしています。

001_size6

大久保は何を目指し、何をなしとげ、なぜ殺されなければならなかったのか?
幕末と明治を駆け抜けた一人の”大政事家”に迫ります!

歴史初心者の方、初めての方歓迎します。

■Teacher
18622166_1698936040410185_324767694159803170_n
工藤達宏(くどはん)

バーでの数寄語りで研鑽を積み、レキシズル屈指のプレゼンターに成長。レキシズルバーSPで修羅場をくぐり、着実に歴史プレゼンターの階段を昇った。2017年れきしことばパフォーマンスをぶっちぎりで優勝。豊富な歴史知識を独自の解釈でわかりやすくアウトプットする能力はレキシズルで随一。いかしたルックスと、落ち着いた語り口が特徴。たまにキャラを豹変させ、表情を変えずにイキナリなギャグもカマす。
https://twitter.com/yumegiwa_dec

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2sriXT5

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。
日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

島津斉彬TERAKOYA

■開催日
3/10(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

28125061_1587365951339376_1687878643_o

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

さぁ、新たなキャストも発表されましたね「西郷どん」。みなさん、ご覧になっていますか?鈴木亮平さんが若き日の西郷隆盛を熱く演じています。

が、現在の主役は、間違いなく渡辺謙が演じる島津斉彬。その存在感には圧倒されます。一挙手一投足にゾクゾクします。

幕府や藩という枠を飛び越えて、日本という視点から幕末の日本を動かした偉大なる名君。同時代を生きた人々は、皆が口を揃えて斉彬を褒め称えます。この人もまた幕末に欠かせない人物でした。

と言うわけで、今回のTERAKOYAは渡辺謙の演技力に乗じて(笑)『島津斉彬』のお話をします。

fullsizeoutput_109

プレゼンターは、男性から人気の高い(笑)榎本チャンプ先生。笑いあり涙ありの曼荼羅模様で、ドラマでは描かれなかった前半生を含め『島津斉彬』の生涯をポップにプレゼンします。

歴史にちょっとでも興味のある方、大歓迎。もちろん、歴史好きな方、大歓迎。『TERAKOYA』は、毎回、初めての方も大勢いらっしゃるイベントです。お酒や食事を楽しみながら、是非、ゆるりと見て聴いて下さい。プレゼンターも日本酒を飲みながらプレゼンさせていただきます。

>>戦国時代の薩摩をお話はこちら、2/28(水)です。
http://bit.ly/2FYrCPr

■Teacher
17757207_1300163396726301_4784451638760003936_n
榎本 孝一(チャンプ)

2012年9月「End of 幕末TERAKOYA」で、レキシズルのユーザーから初の先生デビュー。その後、数々の名歴史プレゼンを披露、研鑽を積む。そして、レキシズルで最も過酷なプレゼンイベント「れきしことばパフォーマンス2014」で優勝した実績を持つ、天才歴史プレゼンター。ネタを仕込みながら笑いを誘い、BGMを駆使したプレゼンが特徴。女性客が多いとプレゼン能力が上がる。

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2sriXT5

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

幕末水戸藩TERAKOYA

■開催日
2/10(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

27048658_578889965786187_2008695718_o

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円
※プレゼンの途中からのご参加も可能ですが、木戸銭の割引はございませんのでご了承ください。

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

今年は明治維新150年。幕末というと、下級武士から革命家へと覚醒しやがて倒幕へと突っ走る西国のヒーローが取りざたされますが、彼らを突き動かしたエネルギーは「尊王攘夷」でした。

そして、この維新の推進力「尊王攘夷」の源泉は、徳川御三家である東国「水戸藩」が仕掛けたものでした。しかし晴れて維新となった時、水戸藩の人々はその中枢から遠ざかっていました。時代を動かした幕末のあの人もこの人もあの人も大きく影響を受けた水戸には何ひとつ残っていない切なき真実。

27264933_578889985786185_228882231_o

幕末、水戸藩が維新に果たした役割はなんだったのか。
彼らは何がしたかったのか。

「幕末水戸藩TERAKOYA」かもめ先生のTERAKOYA初の幕末モノで、水戸藩の光と影を語ります。幕末初心者の方、初めていらっしゃる方歓迎します。

■Teacher
1441268_207825096226011_523294218781871034_n
かもめ

城をこよなく愛する、物腰柔らかな人物。周到なプレゼン準備とハイレベルな構成で語る技術はレキシズルでも屈指。2015年れきしことば王者(同点)、2016年準優勝。歴史プレゼンターとして確固たる地位を築き、2度目の1時間半に挑む。

「レキシズルがわかる」の記事
http://bit.ly/2nYzXJz

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

BAKUMATSU TERAKOYA

■開催日
1/13(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

BAKUMATSUのコピー

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

會津松平家14代とレキシズル首脳が語る。

2018年は幕末が終わり150年。レキシズルは改めて幕末をフラットに捉えた歴史プレゼンをします。

薩長史観ではなく、會津史観でもない。「日本の幕末」という時をわかりやすく面白く解説します。

日本が直面する「有事」という時代。いまもそうなんです。幕末から日本、もっというと世界を捉えてみたい。幕末初心者、初めての方歓迎します。

TERAKOYAとは?
http://bit.ly/2sriXT5

■場所:レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

会場イメージ

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。当日もオリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

■Teacher

松平 保久(まつだいら もりひさ)
第14代會津松平家当主。松平容保直系の玄孫。

■Teacher

渡部 麗(わたなべ りょう)
レキシズル首脳 歴史クリエイター

東京・御茶ノ水で歴史コミュニケーションメディア「レキシズル」を主宰。経営しているショットバーの水曜日を「レキシズルバー」として開放。歴史好きの交流を活性しながら、畳敷きのイベントスペース「レキシズルスペース」で歴史をポップにわかりやすくプレゼンする「TERAKOYA」などを開催。

「レキシズルがわかる」の記事
http://bit.ly/2nYzXJz

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

騎兵 秋山好古の戦いTERAKOYA

■開催日
11/11(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

fullsizeoutput_59

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

明治維新から三十八年。
まことに小さな国は、ロシアと戦争していた。
  
帝国主義時代。食うか食われるかの時代。北から迫り来る超大国ロシアの脅威に、僕たちのご先祖は祖国と家族を守るため戦いを挑みました。
  
皆さん、聞いたことありますか?
「日露戦争」と言います。

russo-japanese-war-intro
  
くっそ貧乏な日本が、借金までして近代兵器を揃え、日本人一人ひとりが必死で戦いました。2017年最後のTERAKOYAは、この戦いに身を投じた一人の軍人を紹介します。
  
「騎兵の父」そう呼ばれました。
  
日露戦争において、ロシアのコサック騎兵団と渡り合った男。小説「坂の上の雲」で主人公となったアノ人です。

題して、
  
「騎兵 秋山好古の戦いTERAKOYA」。
  
この男の生涯を追いかけてみます。
    
初めての方、歴史にちょっとでも興味のある方、大歓迎。もちろん歴史好きな方、大歓迎。「TERAKOYA」は、毎回、初めての方も大勢いらっしゃいます。お酒や食事を楽しみながら見て聴いて下さい。プレゼンターも日本酒をいただきながらプレゼンします。一緒に「秋山好古」という男の生き様を見届けませんか?

■Teacher

安東 康(きちどん)
レキシズルバー古参の常連であり、レキシズルで最も過酷なイベント「れきしことばトーナメント2012、2013」を連覇。やさしい語り口と丁寧なプレゼンを得意とする。珠玉の泣かせプレゼンター。
https://twitter.com/kichiemon38

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2sriXT5

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

応仁の乱TERAKOYA

■開催日
10/7(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

21617027_1752370121733443_1986549384_o

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

今から500年以上前、京都を中心に、日本史上最大の戦争が始まりました。「応仁の乱」です。

約11年もの間繰り広げられ、京都を荒廃させた大戦。
「戦国時代の幕開け」などとも言われ、その名前自体はきわめて有名ですが、具体的にどのような出来事だったのか?となると、上手く説明できる人は少ないのではないかと思います。

当時の人たちですら「あの乱が起こった原因がわからない」と首を傾げるほど、複雑で難解な出来事とされてきました。

21586233_1752370138400108_1673925676_n

しかし、ある歴史家は言います。
「日本の歴史を研究する場合、応仁の乱以降の歴史を知れば、それでたくさんである」と。実は歴史家の間では、日本史上最も重要な出来事として早くから注目されていました。

乱の勃発から550年の今年。「応仁の乱」を解説した新書も予想を上回るベストセラーとなりました。この機を逃すわけにはいきません。応仁の乱とは一体何だったのか?いかにして始まり、誰がどのように戦い、何を残したのか?乱を戦い抜いた一人の人物を軸に、わかりやすくプレゼンします。

レキシズルにおいて、“マニアックポップ”という新ジャンルを開拓した工藤先生が渾身で挑む、歴史プレゼンテーションの夜。

歴史初心者の方、初めての方歓迎します。

■Teacher
18622166_1698936040410185_324767694159803170_n
工藤達宏(くどはん)

バーでの数寄語りで研鑽を積み、レキシズル屈指のプレゼンターに成長。年末のれきしことばパフォーマンスやレキシズルバーSPで修羅場をくぐり、着実に歴史プレゼンターの階段を昇った。豊富な歴史知識を独自の解釈でわかりやすくアウトプットする能力はレキシズルでもスバ抜け。いかしたルックスと、落ち着いた語り口が特徴。たまにキャラを豹変させ、表情を変えずにイキナリなギャグもカマす。
https://twitter.com/yumegiwa_dec

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2sriXT5

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。
日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

琉球王国TERAKOYA

■開催日
9/9(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

20264650_502121750129676_445785851356388929_n

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円
※プレゼンの途中からのご参加も可能ですが、木戸銭の割引はございませんのでご了承ください。

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

レキシズルの「城担当」かもめ先生のTERAKOYAデビュー戦。

夏のリゾート地として、さらに基地問題、オスプレイなどたくさん見聞きする機会がある沖縄。しかしながら意外と沖縄の細かい部分は知らなかったりします(学校でもあまり沖縄の歴史は習わない)。同じ日本人でありながらその歴史に想いを馳せたことはあっただろうか?

そこで沖縄の歴史を知ることで、それぞれの見方も変わり、もっと知りたいをポップに引き出します。

16903418_418786398463212_1985209731794635534_o

昔は「琉球」と呼ばれ、独自の歴史や文化をもった島。いま同じ日本として存在しているところに、歴史を通してその面白さを伝えます。

・沖縄の城グスクと日本の城との違い
・沖縄には弥生時代がなかった?
・琉球王国成立〜その終焉

など、かもめワールド全開で「琉球の通史」をプレゼンします。
歴史初心者の方、初めていらっしゃる方歓迎します。

■Teacher
1441268_207825096226011_523294218781871034_n
かもめ

城をこよなく愛する、物腰柔らかな人物。周到なプレゼン準備とハイレベルな構成で語る技術はレキシズルでも屈指。2015年れきしことば王者(同点)、2016年準優勝。初の1時間半の尺に挑む。

「レキシズルがわかる」の記事
http://bit.ly/2nYzXJz

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。
日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。
オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。
ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、
ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら