Archive for TERAKOYAイベント

三島由紀夫TERAKOYA

かもめ先生、渾身の新機軸プレゼン!

■開催日
2/8(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

82199590_650038819073779_1352485699726606336_n

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円
※プレゼンの途中からのご参加も可能ですが、木戸銭の割引はございませんのでご了承ください。

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

幼い頃、私が初めて見た彼は昭和史を振り返るテレビ番組の中で、大勢の聴衆に向かってひとり絶叫していた。以来、私の中の彼は、決して近寄ってはならない記憶となり、と同時にその光景は頭の隅にくっきりとこびり付き、決して忘れえぬ存在となっていった…。

その卓越した観察眼と論理的思考により、戦後日本文学界を代表する作家となった、三島由紀夫。

彼は、戦後著しい経済発展を遂げていく日本を独り見つめながら、「昭和元禄」と呼ばれる物質至上主義が蔓延していた一時代に、その特異な発言や行動によって、数多くの文化人や知識人たちから眉をひそめられていました。陳腐な独りよがり、ナルシシズムの成れの果て、狂人の愚行…。一方、彼が発する言葉と行動はイデオロギーの枠を超えて当時の若者たちからは熱狂的に受け入れられ、彼はまさに「時代の寵児」でした。

82342846_831620777282941_5788576520037466112_n

そんな世間の注目を浴び続け、世界的作家にまで昇りつめた男が、自衛隊市ヶ谷駐屯地で壮絶な死を迎えてから今年で50年。

「三島由紀夫の死とは、一体、なにであったのか?」

いまだ解きほぐしがたい多くの謎を残して亡くなった孤高の文士「三島由紀夫」の生涯に、没後50年の哀悼の意を込めてTERAKOYA的アプローチに挑みます。幼い頃に決して忘れえぬ存在となった三島由紀夫を、彼が亡くなった年齢を過ぎ大人になったかもめが何を語るのか?

三島由紀夫初心者の方、歴史初心者の方、ぜひ観に来てください。

■Teacher
fullsizeoutput_106
かもめ

城をこよなく愛する、物腰柔らかな人物。美しく練り上げられたスライドと隙のない構成で語る技術はレキシズルでも屈指。2015年れきしことば王者(同点)、2016年準優勝。現在に至り、歴史プレゼンターとして確固たる地位を築いた。90分というTERAKOYAのドラマの中で、かもめワールドを炸裂させる。

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2LdoUuF

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

90分でわかるフランスの歴史TERAKOYA

■開催日
1/11(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

スクリーンショット 2020-01-06 19.37.59

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

イケメン歴史モンスター、公望先生のTERAKOYA!

昨今の世界史ブームが熱いこのレキシズルにおいて、少しでも世界史の楽しみ方を知って欲しいと思う公望が始めたのが、この「90分でわかる世界の国の歴史」シリーズ!

これは、TERAKOYA90分の枠の中で世界中のすべての国々を1から解説するという途方も無いプランであります。しかし聞き手側からしたら、こんなお得な90分絶対にないはず!過去、ロシア、アメリカとやってきたこのシリーズ、いつか世界地図を本気で埋めてやろうと思っている公望が今回題材にするのがこの「フランス」。

なんかオシャレ、そういった漠然としたイメージで語られることが多いフランスですが、その実態を今回も1から完全解説!世界史を1からやろうとなると、難しい本やら参考書やらを何冊も読まなければならないウンザリだというそんなあなた!そういった本10冊以上の理解を当日あなたにお届けします。

歴史だけではなく、フランス文学やファッション、フランス料理など、フランスの文化そのものをひっくるめて解説いたします。公望の新年一発目のTERAKOYAから、今、あなたは目が離せない…

歴史初心者、初めての方歓迎します。

■Teacher
line_72124339742745
公望(きんもち)

レキシズル平成世代のトップ歴史プレゼンター。西園寺公望が好きということでそのまま名付けられた。自信にあふれた語りと己をさりげなく誇示できるイケメン。歴史についても幅広く博識で、バーでの数寄語り、SPの60分プレゼンでもスベり知らず。昨年、TERAKOYA先生となり、2020年の口火を切る。

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2LdoUuF

■場所:レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

会場イメージ

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。当日もオリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

北条早雲TERAKOYA

■開催日
11/9(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

72593878_973996646266128_8940853846947659776_n

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

室町時代中期の1467年、京の都で未曾有の大乱が勃発します。「応仁の乱」です。この大乱によって人々は疲弊し、室町幕府の力も衰えることとなりました。
終わりなき戦いで荒れ果てた都。そこに、呆然と立ち尽くす一人の青年がいました。

時は流れ……1518年、多くの戦乱を乗り越えた末に相模・伊豆2ヶ国の大名となった男がいました。
男の名は伊勢宗瑞(いせそうずい)ーのちの「北条早雲」です。
大名となった彼は、深刻な危機に直面しました。そして、その危機を乗り切るべく大胆な改革を断行します。その改革はそれまでの常識を根本から覆すものであり、彼が辿り着いた「こたえ」でもありました。

早雲はかつて「素浪人から大名にのし上がった男」とされてきました。しかし、その実像は見直されつつあります。

奇しくも、今年は没後五百年。大きく書き換えられた「戦国の先駆者」に迫ります。

歴史初心者の方、初めての方歓迎します。

■Teacher
18622166_1698936040410185_324767694159803170_n
工藤達宏(くどはん)

バーでの数寄語りで研鑽を積み、レキシズル屈指のプレゼンターに成長。レキシズルバーSPで修羅場をくぐり、着実に歴史プレゼンターの階段を昇った。レキシズルで最も過酷なイベントである年末の祭典、れきしことばパフォーマンス2017、2018年を連覇。豊富な歴史知識を独自の解釈でわかりやすくアウトプットする能力はレキシズルで随一。いかしたルックスと、落ち着いた語り口が特徴。たまにキャラを豹変させ、表情を変えずにいきなりなギャグもカマす。
https://twitter.com/yumegiwa_dec

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2sriXT5

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。
日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

小村寿太郎の外交TERAKOYA

【重要】

10/12(土)に予定していた「小村寿太郎の外交TERAKOYA」は、台風による計画運休のため、開催日を10/14(月祝)に変更いたします。何も被害がなく、皆さんとお会いできること楽しみにしております。

■開催日
10/14(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

fullsizeoutput_34d

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

安東きちどん先生、登壇。

今年4月に開催した陸奥宗光に続く、明治の外交シリーズ第二弾!「ねずみ」と言われた男『小村寿太郎』に迫る。

明治の日本を一人の人間に例えると、幕末はまだ胎児。無事に生まれてこれるか分からない。命をかけて世に生まれようとした時期。

幕末、飫肥藩(現宮崎県)に生まれた小村は頭脳明晰を買われ、明治に入り第一回文部省留学生として渡米。法律を学び明治日本を引っ張っていく気概のある若者だった。そして外務大臣「陸奥宗光」によって、外交の表舞台へと抜擢された。

日清戦争は27歳のとき。若い頃にある根拠の無い自信をひとつ乗り越えて、心身共にチャレンジ精神に溢れていた。

日露戦争は37歳のとき。経験を積み人生で最も困難なプロジェクトを任され重圧も大きかった。

その日露戦争最後のクライマックスがポーツマス講和会議。ロシアとの終戦交渉でした。日本の代表は小村寿太郎、ロシアの代表はセルゲイ・ウィッテ。

如何にして自国に有利な条件を呑ませるか。会議は紛糾を極め「舌戦」と呼ぶにふさわしい議論が交わされました。

fullsizeoutput_34a

一等国になるために。日本の誇りのために。

10月のTERAKOYAは、小村寿太郎がこのポーツマス講和会議において、如何にして戦ったかにアプローチします。

初めての方、歴史初心者の方、歓迎します。

■Teacher

安東 康(きちどん)
レキシズルバー古参の常連であり、レキシズルで最も過酷なイベント「れきしことばトーナメント2012、2013」を連覇。やさしい語り口と丁寧なプレゼンを得意とする。珠玉の泣かせプレゼンター。彼の語りのファンは多く、ラストでは涙するひとも多い。
https://twitter.com/kichiemon38

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2sriXT5

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

かもめの城TERAKOYA

■開催日
9/21(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

※9月は第3土曜の開催です。お間違いなく!

EBkl4P7UIAIYckw

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円
※プレゼンの途中からのご参加も可能ですが、木戸銭の割引はございませんのでご了承ください。

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

いま、空前の盛り上がりをみせている「城ブーム」。

あなたのまわりでも、城グッズが詰まった「シロ缶」が店頭から売切れたり、「シロる」という流行語が生まれたように、みんなせっせと城に行ってますよね?え??そんな「サバ缶」とか「タピオカ」みたいなブームが、城に起きてるなんて聞いたことない?むしろ城なんて、観光旅行のついでにせっかくだしちょっと寄ってみるか程度にしか行ったことがない?(※シロ缶、シロるはフィクションです)

私たちは、あなたのような人を待っていました!!!そう「城ブーム」なんて、気にする必要も乗っかる必要もありません。でも、もしかしたら、ちょっとだけ城が好きになるイベントが御茶ノ水レキシズルで開催されます。

68477834_464942604060006_1140664771750658048_n

…というわけで、9月のTERAKOYAは『かもめの城 feat.西股総生TERAKOYA』。
歴史プレゼンターは「レキシズルの城担当」と呼ばれて久しい、かもめが久々に城を語ります。

また特別ゲストに、かつて一世を風靡した大河ドラマ「真田丸」の戦国軍事考証を担当した、城郭研究家・西股総生先生が参戦。中世城郭研究の専門家が、研究のしすぎで一周回って、知識ゼロから楽しめるお城の世界へご招待。

もちろんお城に興味のある方、歴史が好きな方も大歓迎。アタマをからっぽにして、お城の話をみんなで楽しみましょう!

■Teacher
fullsizeoutput_106
かもめ

城をこよなく愛する、物腰柔らかな人物。美しく練り上げられたスライドと隙のない構成で語る技術はレキシズルでも屈指。2015年れきしことば王者(同点)、2016年準優勝。現在に至り、歴史プレゼンターとして確固たる地位を築いた。その卓越した忖度キャラで、最近は弟子も増えている。

■Guest speaker
スクリーンショット 2017-01-16 21.21.00
西股総生先生

城郭研究家。学習院大学文学部史学科卒業。
大河ドラマ真田丸の戦国軍事考証を担当。城郭、戦国史関係の雑誌記事・論考、調査報告書など多数執筆。

「レキシズルがわかる」の記事
http://bit.ly/2nYzXJz

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

幕末伝習隊TERAKOYA

■開催日
8/17(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

※8月は第3土曜の開催です。お間違いなく!

67270701_330468671167695_3114995082340597760_n

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

戊辰戦争終結から150年。榎本チャンプ先生、幕末最終章を語る。

幕末、京の鳥羽伏見で旧幕府軍と、薩長を中心とする新政府軍が激突する。旧幕府軍は、圧倒的な兵力を有しながら新政府軍に惨敗する。最後の将軍・徳川慶喜は、家臣を戦場に置き去りにして江戸へ逃げ帰る。

この歴史的敗北を喫した旧幕府軍の中にあって、新政府軍を凌駕する部隊があった。名を、伝習隊、と言う。譜代の大名、旗本が次々と恭順降伏する中、伝習隊は戦う。北関東、奥羽、蝦夷と転戦し、多くの仲間を失いながらも彼らは戦う。徳川と会津の名誉を守るために。

…というわけで、8月のTERAKOYAは『幕末伝習隊TERAKOYA』。

プレゼンターは、榎本チャンプ先生。過去にも『小栗忠順』『江川英龍』『榎本武揚』『新選組』『奥羽越列藩同盟』など多数の作品あり。今回も、笑いと涙の曼荼羅模様で、伝習隊の知られざる戦いをポップにプレゼンします。

歴史に興味のある方、歴史が好きな方、大歓迎。『TERAKOYA』は、固苦しい講座ではありません。お酒や食事を楽しみながら、是非、ゆるりと見て聴いて下さい。プレゼンターもワインや日本酒を飲みながらプレゼンいたします(笑)

■Teacher
17757207_1300163396726301_4784451638760003936_n
榎本 孝一(チャンプ)

2012年9月「End of 幕末TERAKOYA」で、レキシズルのユーザーから初の先生デビュー。その後、数々の名歴史プレゼンを披露、研鑽を積む。そして、レキシズルで最も過酷なプレゼンイベント「れきしことばパフォーマンス2014」で優勝した天才歴史プレゼンター。ネタを仕込みながら笑いを誘い、BGMを駆使したプレゼンが特徴。女性客が多いとプレゼン能力が上がる。

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2sriXT5

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

90分でわかるアメリカの歴史TERAKOYA

■開催日
7/13(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

スライド1

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

イケメン歴士モンスター、公望先生のTERAKOYAデビュー!

レキシズルで昨今ブームの兆しを見せている世界史。この流れを少しでも大きくして世界史の楽しさを知って欲しいと思う公望が今回題材にするのがこの「アメリカ合衆国」。

日本人として世界史を考える時に最も無視できない国のひとつであり、今や世界に冠たる大国であるアメリカの歴史を、この際アメリカの成り立ちから90分にぎゅっとまとめて調理、公望流に味付けして皆さんにお届けしようってそういう話です!

世界史を1からやるとなると、難しい本やら参考書やらを何冊も読まなければならないウンザリだというそんなあなた!そういった本10冊以上の理解を、当日、呆れるくらい解りやすく噛み砕いてあなたにお届けします。

歴史だけではなく、音楽や映画、公望流アメリカの見方、など欲張りセットも甚だしい内容を想定!公望の初TERAKOYAから、今、あなたは目が離せない…

歴史初心者、初めての方歓迎します。

■Teacher
line_72124339742745
公望(きんもち)

れきしことば2018準優勝。レキシズル平成世代のトップ歴史プレゼンター。西園寺公望が好きということでそのまま名付けられた。自信にあふれた語りと己をさりげなく誇示できるイケメン。歴史についても幅広く博識で、バーでの数寄語り、SPの60分プレゼンでもスベり知らず。かもめ先生以来、2年ぶり6人目のTERAKOYA先生となる。

TERAKOYAとは?
http://bit.ly/2sriXT5

■場所:レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

会場イメージ

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。当日もオリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

江藤新平TERAKOYA

■開催日
6/8(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

江藤新平2

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

渡部首脳、TERAKOYA卒業します。

2012年のレキシズルスペースオープンから首脳が35回TERAKOYAの先生を務めてきました。2019年現在、他の優秀な先生も増え、7月には新しく公望先生が誕生します。まあ簡単に言うと首脳のTERAKOYA枠が無くなるわけです笑

そんな首脳ラストTERAKOYAは幕末〜明治初期を生きた江藤新平をプレゼンします。肥前佐賀藩のちょー貧乏下級藩士の家に生まれ、幕末の風雲に脱藩してまで行動し、明治の司法卿、そして参議にまで登りつめた男。そして最後はスッテンコロリン転げ落ちます。

明治のスターダム政治家のひとりなのに、あまり江藤のことは知られていないと思います。彼は一体どんな人間で、何を目指していたのか?そのアクの強い独特なキャラクターを首脳がポップにプレゼンします。

歴史初心者、初めての方歓迎します。

TERAKOYAとは?
http://bit.ly/2sriXT5

■場所:レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

会場イメージ

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。当日もオリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

■Teacher
14731180_1145702625516311_8607182856146325477_n
渡部 麗(わたなべ りょう)
レキシズル首脳 歴史クリエイター

東京・御茶ノ水で歴史コミュニケーションメディア「レキシズル」を主宰。経営しているショットバーの水曜日を「レキシズルバー」として開放。歴史好きの交流を活性しながら、畳敷きのイベントスペース「レキシズルスペース」で歴史をポップにわかりやすくプレゼンする「TERAKOYA」などを開催。

「レキシズルがわかる」の記事
http://bit.ly/2nYzXJz

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

武田勝頼TERAKOYA

■開催日
5/11(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

57407247_810262582670893_1742619290281967616_n

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

今から400年以上前の1575年、三河国設楽郡長篠ー現在の愛知県新城市で、激しい戦いが繰り広げられました。「長篠の戦い」です。

破竹の勢いの織田・徳川連合軍と精強な騎馬軍団を有する武田軍が激突し、数刻に及ぶ合戦の末、織田・徳川連合軍の勝利に終わりました。この戦いの勝者となった人物が織田信長です。鉄砲を用いた革新的な戦法によって勝利した、とされてきました。

一方、敗軍の将となった人物こそが武田勝頼。名将・武田信玄の息子です。敗戦から数年後、武田氏は滅亡しました。勝頼は、古い戦法にこだわって鉄砲を軽視したために敗れ、父・信玄が築き上げた大国を滅ぼした、と言われています。彼は「愚かな敗者」とされ、現在もこのイメージが定着しています。

しかし、本当にそうなのでしょうか?
勝頼と敵対したある人物は、彼をこう評価します。

「謀略を用いる油断ならぬ敵」
「何度も言うが、勝頼を弱敵と侮ってはならない」

「愚かな敗者」とは思えないほど、警戒されています。そう、極端なまでに評価が分かれているのです。

ここまで評価が分かれるのはなぜか?変わりゆく時代と自らの運命に翻弄されながら、彼はいかに生きたのか?日本史上屈指の「敗者」に迫ります。

歴史初心者の方、初めての方歓迎します。

■Teacher
18622166_1698936040410185_324767694159803170_n
工藤達宏(くどはん)

バーでの数寄語りで研鑽を積み、レキシズル屈指のプレゼンターに成長。レキシズルバーSPで修羅場をくぐり、着実に歴史プレゼンターの階段を昇った。2017、2018年れきしことばパフォーマンスを連覇。豊富な歴史知識を独自の解釈でわかりやすくアウトプットする能力はレキシズルで随一。いかしたルックスと、落ち着いた語り口が特徴。たまにキャラを豹変させ、表情を変えずにイキナリなギャグもカマす。
https://twitter.com/yumegiwa_dec

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2sriXT5

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。
日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

陸奥宗光の外交TERAKOYA

■開催日
4/13(土)
Open:18:00〜23:00
19:00〜プレゼンスタート

fullsizeoutput_25e

木戸銭(ワンドリンク付)
【事前予約】3,500円
【当日】4,000円

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら

安東先生、2019年最初のTERAKOYA。

カミソリと呼ばれた男「陸奥宗光」。
  
明治。
世界は帝国主義時代。食うか食われるかの時代。アジア諸国は欧米列強に蹂躙され、搾取された時代。日本は幕末に開国し、独立を維持したまま列強に追いつけ追い越せと急激に西洋化していた。
  
この頃、列強の餌食になろうとしていた国があった。
  
「李氏朝鮮」
  
朝鮮半島を統治する国。
  
列強がその地政上の魅力に注目し、あわよくば乗っ取ってしまおうと画策していた。特に「ロシア」の朝鮮半島への南下は、日本にとって脅威以外のなにものでもなかった。気を抜けば日本も蹂躙されかねない。
  
それを食い止めるべく、あろうことか弱小日本は列強に負けじと李氏朝鮮にテコ入れしようとし、しまいには「清国」と殴り合いのお祭り騒ぎをおっ始める。もはやパーティーナイトである。
  
歴史はそれを「日清戦争」と呼んだ。この戦争を仕掛けた一人が「陸奥宗光」と言われている。
  
欧米列強と肩を並べるために。陸奥は日清戦争において、大日本帝国外務大臣としてこの戦いに勝利をもたらすべく世界を巻き込んだ大外交戦を繰り広げる。

fullsizeoutput_25d
  
カミソリ陸奥の外交とは?
この男が起こした日本の宿命とは?
  
衝撃のラストが待ち受ける平成最後のTERAKOYA問題作。レキシズル流歴史プレゼン、乞うご期待。
  
初めての方、歴史にちょっと興味がある方、大歓迎。もちろん歴史好きな方大歓迎。「TERAKOYA」は毎回初めての方も大勢いらっしゃいます。お酒を楽しみながら見て聴いてください。

■Teacher

安東 康(きちどん)
レキシズルバー古参の常連であり、レキシズルで最も過酷なイベント「れきしことばトーナメント2012、2013」を連覇。やさしい語り口と丁寧なプレゼンを得意とする。珠玉の泣かせプレゼンター。
https://twitter.com/kichiemon38

「TERAKOYAってどんな感じ?」がわかる記事
http://bit.ly/2sriXT5

■場所
レキシズルスペース
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
(株)渡部商店オフィスの中にあります。
地図:http://www.nabesho.net/gaiyou/map.html

※レキシズルスペースは、畳敷きです。日本文化を体感できるよう、足袋を推奨しています。オリジナルポップ足袋購入できます。足袋の持ち込みも可です。ストッキングを履いてる方などのために、足袋なしスペースもありますが、ぜひ足袋を履いてその心地よさを感じて下さい。
>>ラインナップ

会場イメージ

☆予約申込(会員登録をお願いします。次回以降スムーズにご予約できます)
>>こちら